×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンドロイチンのサプリメントが注目されている理由

コンドロイチンのサプリメントはさまざまな種類が販売されていて、コンドロイチンに対する関心や注目の度合いは高まってきています。なぜ、コンドロイチンのサプリメントが注目されるようになったのでしょう。日本は、少子化と高齢化が進んでおり、高齢者の数は増加する方向に向かっています。しかし、これからの日本で大切なのは介護される人を減らすこと、増やさないこと、高齢者が元気でいることなのです。

日本の社会においては、今後病気や怪我などの期間を可能な限り短くすることが目標にあげられてきます。高齢者は、骨折や関節症などといったことが原因で寝たきり状態となってしまうことがあります。骨折から歩行が困難になり、そうなったことをきっかけに介護が必要になってしまうことがあるのです。出歩くことができなくなったりすることで、骨折した人が認知症に陥るような場合もあります。

サプリメントでコンドロイチンを体内に摂取し、骨と関節の丈夫さを守っておけば、高齢になっても自分の足で元気に活動することができるようになります。少子高齢化が進みつつある日本では、コンドロイチンのサプリメントで高齢者が元気になることの重要性が注目されてきていると言えるかもしれません。

高齢者が食品を通してコンドロイチンを摂ろうとした場合肥満につながってしまいかねないことから、サプリメントを通してコンドロイチンを補給するのがおすすめです。関節痛や骨折を予防するため、サプリメントを利用してコンドロイチンを摂取し、介護が必要ない老後を送りたいものですね。

関連サイト


関節痛や神経痛にはコンドロイチンを

コンドロイチンを体内に取り入れる方法としてサプリメントのコンドロイチンがあります。一瓶につき8,000円ほどあれば、薬局やインターネットの通販でコンドロイチンのサプリメントを入手することができます。コンドロイチンのサプリメントは、関節痛、神経痛や五十肩、腰痛に良いとされています。

コンドロイチンは骨と骨との緩衝材の役割を果たす効果があり、関節がなめらかに動く助けとなるため、関節痛の痛みの緩和に有効とされています。神経痛の場合、神経は電線のようなもので、電線がゴムで覆われているように、関節も膜のようなもので覆われていて、傷ついたこの膜のようなものを修復するのがコンドロイチンの働きなのです。

肩関節の周辺部で炎症が起きることによって五十肩になります。コンドロイチンがこの肩関節周辺の炎症を押さえ肩関節の変性を防ぎ、弾力性を維持させてくれます。腰痛にはさまざまな原因がありますが、その一つである椎間板の骨化については、椎間板の水分をコンドロイチンによって補給することで、椎間板のクッション作用の回復と骨化を防止することができます。

五十肩や関節痛のひどい痛みを和らげる効果があるとされるコンドロイチンは、続けて摂ることこそが重要です。老化とともに体内のコンドロイチンはどうしても不足しがちになります。一方で、コンドロイチンは体の内部で作り出すことが難しい成分です。このため、コンドロイチンは持続的に摂取することが肝要であるとされ、サプリメントを利用するのが最もやりやすいと言えます。


コンドロイチンが不足すると

体の中のコンドロイチンが不足してくるとさまざまな症状がおこります。私たちが食事でとった栄養素は腸から血管に入り各細胞に届けられますが、その間にコンドロイチンとコラーゲンの層を通過するのです。コンドロイチンとコラーゲンの層がやわらかさを失っていると、栄養素は通過時に各細胞にしっかり行き渡らず、体の細胞を老化させてしまうことになります。

細胞にある老廃物も同じようにコンドロイチンとコラーゲンの層を通過して排出される仕組みです。それでコンドロイチンの不足は、体全体の新陳代謝を悪くすることにつながります。コンドロイチンが足りていないと、軟骨はその弾力性、保水性を失い、それで関節痛を起こすことにもなるのです。

成長期にはコンドロイチンも体内で生成されるのですが、25歳をピークとして、体内での生成は少なくなり、その量が減っていくことになります。体内で生成されるコンドロイチンの量が減ってくると、体のあちこちで老化が始まり、それが体の調子を崩します。コンドロイチンが不足していないか、耳を触って調べることができます。

外耳は軟骨でできており、本来とても柔らかいのですが、コンドロイチンが不足しているとこの外耳が硬くなるのでその目安となるのです。肌だけではなく、頭皮や関節など全身の老化に影響を及ぼすのがコンドロイチンの不足です。自分なりに普段から意識してコンドロイチンの不足をチェックしてみて、早めの対策で体のトラブルを未然に防ぎましょう。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 コンドロイチン All rights reserved.
- ホームページSOS -